Kebv Company

私の日記も兼ねつつ、何かしら有益な情報が書ければ

タッチフットって知ってる?

みなさんはタッチフットというスポーツを知っていますでしょうか?
人によっては体育の授業などで少しだけ経験したという人もいる様なのですが、あまり馴染みがないですよね。ラグビーという単語の方が聞き馴染みがあるかもしれません。厳密にはラグビーとは別なのですが・・・
今回は、そんなタッチフットについて、お話をしようと思います。

タッチフットってどんなルール?

タッチフットとはどんなルールなのでしょうか?ラグビーに近いルールではあるのですが、そもそもラグビー自体ルールを熟知してる人も少ないのではないでしょうか?
まず、ラグビーについてですが、重要なところだけで掻い摘んで説明すると
・ボールを前に投げてはいけない
・ボールを持って、ゴールラインを超えたら得点(トライ)
・ディフェンスはタックルをして阻止する
というものです。基本的には、走ってトライを目指す、相手にタックルされそうになったら後続の仲間にパスをする、という流れで、ゲームが進行します。
タッチフットはその名前の通り、タックルの代わりにタッチをして済ますラグビーです。タックルがない分、体格は細身の人が多く、パス回しの重要性が上がる様に感じますね。

そもそもなんでタッチフット?

いきなり、なぜ私がタッチフットを説明し始めたのか?それは、私がラグビーチームを作ったからです!私自身も驚きです。というよりも、私だけ驚いているくらいですかね。きっかけは、友人の提案だったのですけど、謎にやる気が出て、チームを作ってしまいましたね。
友人の提案はこうでした。「ど素人ラグビーチームを作ろう」。なるほど、無茶振りです。ラグビーは競技人口は日本国内では少なく、確かにど素人で集めた方が、間口は広いかもしれませんが、それは同時に人々の興味がないことを指します。うーん、どうしたものか。とにかく、知り合いに連絡しまくる。
我がチームの入団手続きは以下の様なものにしました。
私「ラグビー知ってる?」→返答『知ってますよ』→入団!
大抵は、ルールは知らないとか、やったことないとか言うのですが、流石に名前は知っているようでした。この簡単な入団テストのおかげで、連絡をした人はほぼ全て、一方的に入団させることができました。
余談ですが、入団後はアイシールド21を必修としています。
それでは、ラグビーチームでタッチフット関係ないじゃん。そう思うかもしれません。実は、タッチフットはラグビーの練習メニューとしても、取り組まれることがあります。特に、タックルが無い分、男女問わず入団させた我がチームでは、女子が取り組みやすいと言うのは、大きなメリットになります!

今後にご期待!

と言うわけで、タッチフットの紹介とチームを作ったご報告でした。絶賛、メンバー募集中のため、今後の進展については、随時ブログに載せていこうと思います。
タッチフットになど、マイナースポーツは意外とやってみると楽しいものです。みなさんも是非一度ご経験されてみては、いかがでしょうか?

 

amzn.to

 

 

久しぶりの投稿

久しぶりに投稿します。kebvです。
なぜ、久々の投稿になったのか、その言い訳をしようと思います笑

PHPをやりました!

私はプログラミングを勉強しようと思っていました。いくつか、かじってみたのですが、結局実践がなければ、身にならないと思い、学習にも意欲が湧きにくいというのが実状でございました。
そこで、思い切って実際にプログラムを作ってみることに、PHPという言語を用いて、ワードプレスでのブログ作りに挑戦しておりました。これが、かなり骨の折れる作業で、やはり素人が手を出すのは、一苦労だなと痛感いたしました。とはいえ、ひと段落いたしまして、あとはちょっとずつ改良を加えていくだけかな〜って感じです。まだまだ、改良の余地はたくさんありますけどね!
この苦労はいつか記事にしようと思います。
でも、一旦完成をお祝いだ〜!!やったー!

ラグビーをやりました!

ブログを更新しない間に、基本的には昼夜を問わずプログラミンに専念していたのですが、それ以外のプロジェクトも発足いたしました。
友人の提案で、ラグビーの集まりを始めたのです。ラグビーってタックルが危なそう、なんかハードなスポーツっぽいな、そもそもルールがよくわかんない。こういったイメージがあると思います。それを払拭するための、ラグビーチーム、kebvラグビー部を創設いたしました。まだまだ、始めたばかりのチームで、メンバーとチーム名は絶賛募集中ですが、最終的には地域や教育機関との連携で、社会に貢献していきたいですね!

まとめ

しばらくぶりにブログを更新しました。
今回は大した記事ではないですが、自分の気持ちをビシっと入れるための契機として、この記事を活かしたいと思います。
それでは、引き続きブログ投稿を頑張っていきます!

最近のニートの生活

最近の私のニート生活も惰性を極めてきたのかも知れない。
どうも、そんなニートのKebvです。
自分の生活について、振り返りを含めて色々と書いてみようかと思います。

生活リズム

完全な昼夜逆転です。大変です。
大体、16時を過ぎないと、目が覚めません。それからダラダラとしていると、あっという間に日が落ちてしまいます。特に、私の部屋は日当たりが悪いので、起床時に日光を拝めることは少ないです。
起きてからは、なんか作業したりして過ごしています。すると、大体3時を回っています。そのあたりからお腹が空いてくるんですけど、こっからが戦いですね。

空腹との戦い

貧乏ですから、基本的にコンビニ飯は避けています。というか、買うお金がなくなってきています。しかし、深夜の時間帯になると、スーパーは閉まっています。ちなみに、ウチに冷蔵庫はないので、買い置きはできないのが現状です。
近所のスーパーが開くのは、7時・・・・そこまで、水で飢えをしのぎます。最初の30分くらいは「コンビニ行っちゃおうかなー」ぐらいの軽い気持ちですが、徐々に、空腹が深刻な苦痛になってきます。プログラミングの勉強をしたりして誤魔化すと、大体1〜2時間ほどは耐えられるのですが、集中力も切れ始めると、いよいよです。熊のような呻き声を出しながら、苦痛に耐えます。心なしか、お隣さんもイビキが大きくなり、寝返りを頻繁に繰り返すようになります。
6時ごろ。希望の朝日が街に差し込み始めます。ここまで、粘ればあとは、買い物にいくだけ。一つ60円のカップ麺を求めに、支度を始めます。
待ちきれずに、近くのパチンコ屋まで赴き、タバコに火をつける。出勤に慌てる街並みを眺めながら、深く煙を吸う。この瞬間だけは、自分が特別な存在なように思えて、少し安心します。
7時。いざ、パライソへ・・・・

この生活の成果

帰ったあとは、飯を喰らって寝るだけです。もはや人としての生活の限界ギリギリをいっているじゃないかと心配になってきますが、成果は一応あるのだと思います。
まず、暗闇に強くなる。夜に目が覚めたからといって、電気をつけることも少なくなってきました。電気代の節約ですね!
ご飯代の節約。一番はこれがデカいですね。飢えに苦しむ時間は、身動きできず、勿体無い気がしますが、ニートの時間は余り多いものです。多少のタイムロスはご愛嬌!
そして、最大の成果は、神秘的な体験ができたことです。
というのも、最近私の身体から、獣の匂いがするのです!
何ということでしょうか。牛舎のような、野犬のような匂い。人とは不思議なもので、獣のような呻きをあげると、本来の野生に戻るのだなと、感嘆してしまいました。

他にも、身体から油汗しか出ないとか、動いてもないのに全身が痛いとか、意味不明な症状が出る時がありますが、私は些末なことは気にしないようにしています!

まとめ

最近、何となく更新頻度は下がってきてるし、更新時間もブレが多いなと、反省していました。そんな中、生活を振り返ってみると、だらしなさが前面に出ていましたね!
ですが、その対価として、獣の匂いを手にすることができました!これで、丸く収まりましたね!皆さんもぜひ、都会暮らし、野生生活を体験してみては?

https://amzn.to/3xmxWg7

ハローワークに行ってきた!

どうも、Kebvです!
今日も今日とて、無職の私はハロワに行ってきました。
ので、ハローワークのリポートしようと思います。

今回の窓口

ハローワークと言っても、実は内部にはいくつかの部署が分かれてるんですね。一番人気は失業手当の窓口ですね。いつ見ても混雑してます。みんな、お金欲しいですよね。今回、私が行った窓口は、職業訓練の窓口です。基本的にひとり相談してるかどうか位の、空いてる部署ですね。私は、職業訓練を受けて、スキルを身につけてから就職しようと目論んでいるので、職業訓練窓口に行きました。「そんな遠回りはしてらんないぜ!」って人は、就職相談の窓口に行くと良いです。丁寧に相談してくれるし、必要な手続きも説明してもらえます。

相談内容の紹介です!

それでは、窓口で私がどのようなやり取りをしたか紹介いたします。
まず、ハロワの受付表があるので、それを渡します。ついでに、失業手当の書類があれば一緒に渡します。そうしないと、失業手当もらえなくなってしまいます(失業手当は、月に2回ほど就活をした実績を残さないともらえません)。
今回の受付は細身のオッチャンでした。物腰柔らかで、白髪ながらもダンディな雰囲気を醸し出す、イケオジ。受付表を読み込むと、私のプロフィールや就活状況が出てくるそうで、オッチャンの第一声。

オ:「あー、君は前回と同じ希望なのかな?」

なるほど。前回、私は何を希望していたのだろうか?全く、記憶にないが、そこは大事な相談。最大の笑顔で

私:『はい、そうです!』
オ:「そうかぁ。じゃあ、資料持ってくるねぇー」

方々から資料を集めるハロワのオッチャン。なんだか、大掛かりなことになっている気がするが、人の好意は無駄にするなって飲み屋で知り合ったオジキがしきりに言っていた。飲み屋の人間は真実しか語らないものだ。私も、状況把握ができないままでも、笑顔で待ち続けた。

オ:「はいこれ、資料ね。で、君はどの階層で働きたいの?」

大変なことになってしまった。階層とは何のことだろうか?全く意味がわからない。私は、オッチャンの目を真っ直ぐに見つめる。そうして、相談者本人の理解がないまま、話が進んでいく。

オ:「ごめんね、僕の聞き方が悪かったかな。えっと、サーバーとかの方か、アプリの方かとか?」

段々、読めてきたぞ。私はIT系の希望でいたのか。多分、オッチャンは悪くはないが、ここで引いてはいけない気がした。強気にいこう。

『特に決まってはないですね!』

威風堂々。私の毅然とした態度に、オッチャンも困った表情を浮かべていた。一瞬の沈黙の後に、オッチャンが口を開けた・・・

ありがとうオッチャン

オッチャンから、階層とやらの詳細な説明がされる。ネットワークがあり、サーバーがあり、デバイスがあり、アプリがあり、プログラムを書く仕事は色々な人の協力があって成り立つ・・・。わかりやすい説明であった。私は「ホェー」「わー」とか言いながら、熱心に聞いていた。それが、いけなかったのかも知れない。

オ:「でね、僕はネットワーク系のところで働いていたんだよ。例えば、音楽のデータを送ったり、通常の配線でもgジャhふはw・・・・・・・」
オ:「それでね。まあ、普通はこうやるんだけど、僕はこうして見たわけ。そうすると、より良い通信速度でkgはいjvまm・・・・・・・」

もう、何を話しているか内容など関係ない。このオッチャンは前職で頑張って働いていたのだ!こちらが言える言葉はひとつしかない!

『すっごいですね!』

オッチャンもご機嫌だ。ノリノリで返答が返ってくる。

オ:「まあ、私がやったわけではないんだけどね」

何のことやら。半心、オッチャンの自慢話かと思って聞いていたが、そうでもないみたいだ。本当に何の話をされているか、わからなくなってきた。
飲み屋のオジキよ。人の好意を受け取り過ぎると、関係のない長話につき合わされることも、教えといてくれ。

オ:「それで君は何をやりたかったんだっけ?」

もはや、こっちが聞きたい。私は今何をして、これから何をしようとしているのだろうか。この話から何を得たのだろうか。
とにかく、質問が来たからには、何かしらの解答を返さなければいけない。少なくとも、その時の私は、そう思ったのだ。

私:『えっと、ネットワーk』
オ:「イヤイヤ、僕の方に寄せなくても良いんだよ。とにかく、僕の仕事はjkdfなgほいんjゔぁ・・・・・・・・でも、アプリ開発とかも独創的なアイデアが出せれば、wじゃldkんゔぁkまk・・・・・・・・・・・・」

私の言葉を待たずして、オッチャンの話が再開される。
時には、解答を返す必要がないこと、話すことさえ必要のないことだってあるみたいだ。無職引きこもりにとって、ハロワは非常に社会の勉強になる。
かくして、私はオッチャンの前職の濃厚な話をじっくりと傾聴することになったのだ。

オ:「じゃあ、そんな感じで!頑張ってみてね!」

一体、どんな感じで頑張るのだろうか?浅はかな私には皆目見当もつかないが、励まされているのはわかる。勇気を貰えた気にすらなる。むしろ、勇気ぐらい貰わないとすれば、不釣り合いと言わざるを得ない。ここでは本心とは別にしたって、有意義な時間だったと表現したい。
故に、言わせて欲しい。ありがとう。オッチャン。

まとめ

ハロワでは、親身になって話を聞いてくれるし、相当深い話もしてくれることがわかったと思う。あと、個人的な所感ではあるが、どこかの会社をリタイアした後に、ハロワで働いている職員が多いように感じる。つまり、当たる職員によって、非常に詳しい業界の話や会社の仕組みなどを教えてもらえるということだ。家でコソコソと仕事を探すよりも、遥かに優れた情報に出会えると思う。
就労に悩んでいるのなら、是非一度ハローワークに行ってみてはいかがだろうか?

まとめサイトを作りたい

どうも、kebvです。
今回は、前回に引き続き、自分のサイトを作りたいという試みです。
前回のあらすじとしましては、サーバーとドメインを契約し、Wordpressを入れたところです。紆余曲折ありましたが、無事Wordpressは開きました。
で、私が作りたいサイトなんですけど、ITZYの情報を自動で探してまとめてくれる、そういうサイトがあるといいなと。自分自身がそういうのが必要という完全な個人的な願望。なので、今回はそれにトライしていきます。

プラグイン

調べてみると、Wordpressプラグイン機能で、自動で動画を集めてくれる機能などがあるそうですね。素晴らしい!早速それを使おうと思ったのですが、やっぱり有料。課金してもいいけど、うーん、ちょっと粘ってみる。折角の自分のサイトづくりだから!

打倒PHP

ということで、自分で作るとなると、PHPというプログラミング言語が必要だそう。わけもわからずトライしてみる。今回は、YouTubeの動画から、無限にオススメを錬成し続けるような方法がないか探していきます。

とりあえず、YouTubeから動画のデータをいただくコードはなんとかなった。ほぼ、ネットからのコピペだが、とにかくなんとかなったので、一安心。内容としては、どのようなURLを入力すれば、ITZYのYouTubeを調べられますよっていうことを教えてくれる。ぶっちゃけこれだけでは、どうにもならん。さらに、このURLを有効活用していきたいのだが、完全にここで手詰まり。Fatal errorという表示がされる。直訳で致命的なミス。無知が手を出すもんじゃないね。プログラムは友達、敵じゃない。そう言い聞かせて、PHP言語を学ぶことにした。次回、「kebv、PHPを学ぶ」。デュエルスタンバイ!